自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

寿司職人に、寿司アカデミーを卒業した学生が独立することについて聞いてみた。

寿司屋にて 寿司アカデミーについて、寿司の勉強をすぐに終わらせて、独立することについてどう思うか。 「いいんじゃないですか?べつに。うちにも寿司アカデミー卒の人間が来まして、使い物にはなりませんでしたけど」 「知識があるとか、美味い寿司が握れ…

住み込みのリゾートバイトは本当に稼げるのか。体験談。

稼ぎたい 「家賃や食費がかさんでなかなか貯金ができないから住み込みで稼ぎたい」フリーターや 「欲しいものがあるからまとまったお金を稼ぎたい」学生。 今のバイトを続けていてもなかなか一気に稼ぐことは難しいですね。 家賃は3万から8万程度で幅があり…

人生は暇つぶしだと思ってからの仕事の選び方。

人生は暇つぶしだ。 マズローの五段階欲求説で言えば、現代日本社会において、生存レベルの衣食住で困窮する人は多くはない。 食べ物は安価になりそこそこ美味いものが手軽に食べられ、ファストファッションのおかげで、着る服はオシャレにも気を使うことが…

正社員の価値は労働力、アルバイトの価値は時間、フリーランスの価値は

会社員のままではお金持ちになれないということ、起業、独立すればお金持ちになれる可能性が高まるということ、考えたことがありますか? 正社員は年収、アルバイトは時給、フリーランスは売り上げで働く 正社員の価値は労働力、アルバイトの価値は時間、フ…

本人に学習意欲がないと、他者の教育は無駄。。

天は自ら助くる者を助く 助けてほしいなんて思ってはいけない。天は自ら助くる者を助く。今の状況から抜け出したいと思うならば、自分で努力するしかない。その道の途中で助けてくれる人は必ず現れる。— 悠 (@yu_raku72) 2017年2月27日 違う分野で戦う友人を…

1日8時間労働って破綻してない?問題について

なぜ「1日8時間労働」なのか 「社会人破綻してない?」に賛同相次ぐ | キャリコネニュース 物質主義の社会や、産業革命の時に1日10時間も16時間も働いていて、労働法の改善で1日8時間労働になったわけだけど、 1日8時間労働の週休2日、しかも決まった時間に…

専門性を活かして独立した結果

私は、自分の専門性を活かして自分のビジネスを立ち上げるために営業活動をした結果、数カ所のスポンサーと契約を結び、取引先を得ることができました。 そこでの仕事は時間給でもなく、拘束時間が毎月決められているわけでもないので、時間を自由に使うこと…

実力が身についてから起業しよう、タイミングが来たら独立しよう、ではその時はいつまでもやってこない。

今はまだ実力がないので、実力を身につけたら起業しようと思ってます。 とか 今はまだ自信がないので、1人でやっていく自信がついたら独立します。 とか 今はまだ、、と言い訳して、リスクを取らずに後回しにしている人には、いつまで経ってもその時はやって…

寿命が延びると、もっと自由な時間の使い方、人生の使い方ができるようになる。

未来、人の寿命は100歳を超えることができるようになるそうで。 100歳を超えるほど、元気に生きることができるのであればどれだけのことができるのだろうか。 明治維新を成し遂げた幕末の志士を育てた吉田松陰なんかは29歳で亡くなられているので、吉田松陰…

教育期間が長い現代。

人生が70年とか80年前提の社会。 今までは人の寿命が70年、80年くらいという前提において人生プランかあり、制度があった。 具体的には、教育→仕事→引退の3ステージで、学校教育の間に知識や教養を身につけ、教育のステージを卒業し、仕事を始める。60歳にな…

自分の人生を生きるために、会社に縛られず自分のビジネスをする。

だいぽんさんのブログは読んでいますか?今の段階で最新投稿の1/22日のブログも、鋭いことを言っています。 サラリーマンでは、上限が決まっている 結局どれだけ既存の常識の中で競争を勝ち抜いても、自分で稼ぐという発想がない時点で、 「年収1000万」「週…