自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスで生きる

自己選択的人生

MENU

得意になりたいことがあるなら、1日10分でも積み重ねてみること。

時間の使い方

得意になりたいことがあるなら

 

得意になりたいことがあるなら、時間と手間を費やすしかない。

 

野球のバッティングが上手くなりたいなら、素振りをして、バッティングセンターに行って、トスバッティングをしてとにかくバットコントロールを身につけるように、

 

絵が上手になりたいなら1日に10分でもペンを持って、デッサンをして、模写をして、自分が見たもの、描きたいものをそのまま描けるように、

 

とにかく自分が得意になりたいことがあるなら毎日それに費やすことです。

 

毎日の積み重ねは専門性になり、専門性はお金になる。得意なことで仕事をすれば、効率よく仕事ができるし、どんどん専門性に磨きがかかり、誰にも真似できない技術が身につく。

 

上手になりたいんだよねーと言って、漫画を読んだり、ゲームをしたりしている時間を別のことに使っている人は、1日10分でもいいから、目的のことに使ってみること。

 

1年後には大きく変わっている。