自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

エントリーシートを書くなら油性ボールペンジェットストリームがダントツでおすすめな理由。

就活をしている学生さんへ

最近は印刷したエントリーシートを受理するところも増えてきていますが、基本的にはまだまだ手書きのエントリーシートが求められています。

 

履歴書だってそんなに書いたことがないのに、エントリーシートなんてどうやって書けばいいの?そもそもボールペンは何を使えばいいの?なんて、最初の頃は分からないことばかりです。

 

単刀直入に言います。

油性ボールペン、ジェットストリームの黒、0.5mmが1番おすすめです。

 

 

 

水性か油性か

ボールペンか万年筆か

0.3mmか0.4mmか、0.5mmか0.7mmか

気になるところは多いかもしれませんが、説明します。

 

水性か油性か

正直、関係ありません。

昔は、油性だと筆圧が強くなりすぎるとか、インクが出すぎるとダメだとかで言われていたようですが、

綺麗な字が書ければ問題なし。

 

インクの玉が出たり、紙がにじんだり、筆圧が強くて紙が破れたり、そういうところは心配すべきですが、水性と油性にこだわる必要はないので、自分の書きやすいと思う方を選びましょう。

 

エントリーシートを見る側としても、「むっこいつは水性か、油性か」なんて見ていません。

 

ボールペンか万年筆か

鉛筆は書き換えることができてしまうので論外だとして、ボールペンか万年筆かという問題。

これも、どちらでもいいでしょう。

 

ただ、万年筆を日頃から使っている人は慣れているのでなにも問題ありませんが、万年筆というのは慣れていないと書きづらいです。

 

突然インクがドバッと出たり、文字の太さの調節がうまくいかなかったり、乾いていないインクを手で擦ってしまったり、問題だらけです。

嗜好品なので。

 

もし、「万年筆もかっこいいからこの機会に使ってみようと思ってたんだよねー」と言う人がいても、今は諦めた方が無難です。

万年筆の素敵な動画を見ると、自分も使ってみたいと思ってしまうかもしれませんが、就活が無事に終わってからにしましょう。

 

できるだけ自分のベストの文字を提出できるように、ボールペンを使うといいでしょう。

 

0.3mmか、0.4mmか、0.5mmか、0.7mmか

 

これもそんなに大した問題ではないのですが、どれが無難かというだけの話です。

0.5mmです。

 

なんなら0.3mm、0.4mm、0.7mmで書き比べてみてもいいのですが、0.3と0.4では細すぎるし、0.7では太すぎます。

これはなんとなくです。

ダメという話ではありません。

 

バランスのいい文字を書くのが大切なのです。

 

油性ボールペンの中でもなぜジェットストリームなのか。

ここまで読んだ方はもう安心でしょう。

エントリーシートに使うペンで気に病む必要などないということが分かったのですから。

 

では、なぜジェットストリームをオススメするのかを説明します。

 

わずか100円ちょっとの価格帯のボールペンの中で、高級ボールペンに匹敵するほどの滑らかさ

 

働くようになって5000円とかのパーカーやラミーのボールペンも使うのですが、それらに匹敵するほどの滑らかさでジェットストリームは書くことができます。

 

同価格帯のボールペンと比べると、天と地ほどの差があります。

 

ボールペンなんかどれも同じじゃない、と言って100均の3本100円ボールペンを使っていたりしたら、人生のコスパを圧倒的に下げています。

 

エントリーシートは1枚800文字くらいだとしても、1枚で済むものではなく、5枚6枚。多い人は何枚書くのでしょう、先輩に聞いてみてください。

 

書きやすさは譲れないポイントなのです。

 

1万種類以上のインクを試作して追求したジェットストリーム

 

開発者によると、従来の油性ボールペンの重たい書き心地が好きではなく、水性ボールペンのようにスラスラした書き心地を実現したかったようです。

 

1万種類のインクの試作をしたそうですが、1日50種類作ってみても200日はかかる計算になり、よほどのこだわりがあるインクです。

 

それだけのインクなので、使い心地は抜群です。

 

均一にインクが出て、滲むことがない

 

ボールペンにおいて均一にインクが出て、滲まないというのはかなり大事です。

あとちょっとで書き終わる!と言う時にドバッとインクが出たりした時には手首も痛いし心も痛いです。

万年筆なんか使う気になれません。

 

研究し尽くされたインクは、書き心地滑らかで、しっかりと紙にフィットします。

 

さらに速乾性に優れているので、書いたそばから乾いていきます。

半乾きの文字を手で擦ってしまって、にじんだエントリーシートを涙でにじんだ眼差しで見つめることもありません。

 

まさにストレスフリー

 

書き味も、重量も軽いから疲れない

サラサラと滑らかな書き味のジェットストリームは、筆記抵抗が低いため、力を入れなくても書くことができます。

まさに紙を撫でるだけでいいのです。

重量も軽いので、ストレスにもなりません。

 

大量に文字を書いていると当然のことながら疲れてきます。人間は疲れる生き物です。

ジェットストリームならその疲れがだいぶ軽減されるのです。

 

失くしても安いから痛くない

就活生のボールペンはよく無くなるものです。

家に置き忘れたり、説明会場で隣の人に貸してあげたり、5000円のボールペンを奮発して買ったのに無くしてしまってはそれだけでやる気が削がれます。

 

その点、ジェットストリーム安いので無くしても痛くないし、なんならまとめて大量に購入しておけます。

 

アマゾンなら1本129円です

コンビニだと1本147円です。

 

以上

エントリーシートを書くのに、ジェットストリームをオススメする理由でした。

 

ボールペンで迷ったら参考にしてみてください。

 

 

まとめ買いもできます。

 

 

 

余談

 

余談ですが、万年筆の動画です
万年筆で芸術のようにフォントを使い分ける動画 - YouTube