自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

1日8時間労働って破綻してない?問題について

なぜ「1日8時間労働」なのか 「社会人破綻してない?」に賛同相次ぐ | キャリコネニュース

 

物質主義の社会や、産業革命の時に1日10時間も16時間も働いていて、労働法の改善で1日8時間労働になったわけだけど、

1日8時間労働の週休2日、しかも決まった時間に出社するから満員電車で、決まった人と顔を突き合わせなくてはならなくて、セクハラ・パワハラで悩まされて、挙げ句の果てには鬱と診断されて社会不適合者になっていく。

 

ストレス解消のための趣味をする暇もなく、帰宅したら生活のために必要なことをして、あとは体力を回復するために寝るだけ。

 

だったら初めから自分でキャリアを築いていって、自分の選んだことだから誰のせいにもせずにやりたい時には寝る間も惜しまず働いて、休む時には思いっきり休むという生活をする方がよっぽどいいですね。

 

最初は多少苦しい時もあるけど、人間はストレスもないと頑張れないからむしろちょうどいいと思います。

 自分の人生は自分で切り開こう。