自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスで生きる

自己選択的人生

MENU

体調を崩しているのに仕事をすることのデメリットは大きすぎる

雑記 思考法

 

f:id:yuraku2993:20170306121015p:image

 

体調を崩してはいけない

 

仕事をしていると、無理をして体調を崩してしまう人って多いんですよね。仕方ないことではあるんですけど。

 

私は、体調を優先してなるべく十分に休むようにしています。

 

体調を崩しているのに仕事をすることのデメリットは大きすぎる

体調を崩してまで仕事をすることはデメリットが大きすぎるからです。

・頭がぼんやりして集中できないので、成果が上がらない

・体がだるく、思うように身体を動かせないのでパフォーマンスが下がる

・エネルギーが落ちているので、不信感を与えてしまう。

・心配をかけることで人の仕事の邪魔もしてしまう。

 

など。

 

フリーランスでよかったことは、ある程度自由に仕事の日と休みの日を作れることです。

 

何日までに仕上げる仕事。の場合、できるうちに早めでやっておけば、急遽予定が入ったり体調を崩してしまっても成果は出せますし、問題ありません。

 

現代人は働きすぎ

無職で失業保険をもらってパチンコに行っているような人もいたりはしますけど、多くの人は自分を犠牲にして働きすぎだと思います。

 

お金は自分の体以上に大切なものでしょうか。

身体を壊せば、精神にも影響をきたしてしまう場合もあります。

 

戦略的に稼ぎながら適度に休む生活をしてみてください。