自由なシナリオで生きる

MENU

農家から安く仕入れたB級干し柿をメルカリに出品したら仕入れ値の約5倍の値段でどんどん売れてしまった話

フリマアプリのメルカリを使って、友人が稼いだ話です。

 

 

t.adcrops.net

f:id:yuraku2993:20170306115642p:image

 

 

友人が安く買ったB級干し柿

 

とある地方と東京の二拠点生活をしている友人の話を聞きました。

 

農家さんが、渋柿で干し柿を毎年作って

いるのですが、本職ではないので出来上がりにバラけるのだそう。

 

ふつう、干し柿といえば柔らかくて実がたっぷりしているものが喜ばれるのですが、それは干しすぎて少し固いのです。

しかしいくつかもらいましたが、固いと言っても食べられないほどではなく、甘さも十分で、ふつうに売っていても美味しく食べられるレベルです。

 

まあ、売り先がJAだったりすると、品質検査で落とされるのでしょう。

そして自分では売り先がないから、JAに売れなければ売ることができない。

 

せっかく干し柿を作っても売れなければ困ってしまうわけです。一銭にもならない。

 

そこで、友人は売れないで困ってるなら、安く買わせてもらえませんか?と交渉したら、喜んで売ってくれたようです。

 

10個100円で買った干し柿が5倍以上の値段でメルカリで売れた

 

具体的な数字は聞けなかったのですが、10個100円程度で買ったそうです。

それを100個ほど。なので、1000円の仕入れ

 

友人は最近、メルカリで自分の不用品や、知り合いからもらったギターや家電製品を出品して、売るのにはまってきたので、干し柿もメルカリに出品するつもりで買ったようです。

 

メルカリに出品したら仕入れ値の約5倍の値段でどんどん売れてしまったとのこと。

需要があったということですね。

 

友人はメルカリで生活していけるんじゃないかと言って、一連のことを喜んで話してくれました。

 

今の時代なら誰でもできるネット販売

 

友人がやったのは、単純かつ本質的なビジネスですね。

 

安く仕入れて、高く売るということができれば、誰でもビジネスはできます。

 

この、安くというのは、誰かにとっては不要なもの、むしろそれを持っていることで困るものかもしれません。

それを、出品するだけで、欲しいと思う人が見つかるわけです。

 

昔であれば、お店を持ってお客さんを集めるか、露天にお店を広げるかしかできなかったのに、誰でもネット販売ができるなんていい時代ですね。

 

もし、興味があればメルカリで不用品など、出品してみてはいかがでしょうか。

 

t.adcrops.net