自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスで生きる

自己選択的人生

MENU

外で運動ができない日は、室内でできることをやる。スクワット、プッシュアップ、回し蹴り、正拳突き。

ライフスタイル

 

運動ができない日は、室内でできることをやる。

 

スクワット30×3

プッシュアップ30×3

回し蹴り100

正拳突き100

 

筋トレになるほどではないけれど、体を動かせば、睡眠も深くなる。

 

f:id:yuraku2993:20170313004204p:image

 

 

スクワット

スクワットは、太ももの筋肉に効く。

太ももの筋肉は体の中で一番デカイ。だからエネルギーの消費量もデカイし、適度に脂肪を燃焼する。

 

自重スクワットでは筋肉痛になる程やるのは難しい。

 

余裕があれば、ヒンズースクワットをしたりもする。

 

プッシュアップ

完全に自重だけでやると、やはりそれほど効かない。

ベッドに足を乗せてやれば多少は負荷がかかる。

 

肩幅の2倍に開けば胸に効くし、肩幅より狭めれば肩に効く。

 

ヘコヘコとバッタのようにスピードを出してやるよりも、スローでやる方が効果がある。

 

回し蹴り

空手をやっていた時から、シャドーでやる。

しばらくやらないと、股関節が固くなったのが分かるし、腹筋の下の方も痛くなってくる。

 

バランスを取るために背筋や、下半身全般の筋肉を使う。100回やると、多少息切れしてくる。

 

いざという時に動けるようにという意味もあり、実践的な動きで体を動かすのはいい。

 

正拳突き

やはり実践的に体を動かすのはいいと思う。

胸筋、肩の筋肉、腹筋、背筋も使う。

相手を想定して、あごを撃ち抜くイメージで正拳突きをする。

 

まとめ

せまくても、室内でも、時間がなくてもできる筋トレをする。

運動は大切。

やらないより少しでもやる。