自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

レストランで月10日だけのバイトを始めた。シフト3日目は皿洗いとトイレ掃除がメイン。

 

今、飲食業について学ぶために、とあるレストランで働き始めました。

 

f:id:yuraku2993:20170322104136p:image

 

他にも仕事がありますし、収入も別の仕事の方がいいので、しばらく月15日程度のシフトで入って、後に10日くらいに減らそうと考えているところです。

 

働いているところはお店のデザインがよく、明るすぎない空間に、オレンジのふんわりした光が全体を照らし、柔らかな革のソファーや、ゆったりとした机は落ち着いた時間を過ごすことができます。

 

客単価は平均して3000円になるでしょうか。

単品とコース料理がランク別にあります。

 

働き始めて3日

今は働き始めて3日目になったところです。

飲食業のバイトの最初の仕事は、トイレ掃除と皿洗いです。

 

トイレ掃除

トイレ掃除は朝に1回で、ピカピカに磨き上げます。

学生時代に個人の和食居酒屋でバイトをしていた時には、お酒のお店なので、狙いが定まらないのか便器周りが汚れるため、手隙になればトイレ掃除をしていました。

そして吐くお客さんも多く、吐瀉物の処理も頻繁にありました。

 

今のお店はお酒はほとんど出ないのでそのあたりがラクです。

 

旅館の仲居のバイトをしていた時には、部屋のトイレの掃除をしていました。

旅館の相手は宿泊客なのでピカピカにしなければ満足度が下がる原因になります。なにせ、1日過ごす場所ですから、他人の痕跡があると不愉快ですね。

 

皿洗い

勤務時間中は今のところすべて皿洗いです。

ランチタイム、3時頃、ディナータイムの混雑時にはガッツリ洗い物が入るので、それを一人で回します。

 

席数は60くらいあり、一人当たりの滞在時間は1時間程度なので、回転のペースとしては比較的ゆっくりで、慣れない皿洗いバイトでも、焦ることなく洗うことができます。

 

もちろん食洗機があるので、使用しますが、初めのうちはどの程度までスポンジで洗って、どのレベルなら食洗機で大丈夫なのか、計りかねますね。

 

勤務時間

1日9時間、プラス1時間が休憩です。

一般的なレベルでしょう。

 

人手不足もあり、休憩時間が人によってバラバラに取ることになるので、6時間休憩なし、のような人もいます。

 

人は疲れる生き物です。

疲れれば集中力も落ちます。

集中力が落ちればパフォーマンスの質も低下します。

フロアにしても皿洗いにしても、適度に休憩を取れるようマネジメントすべきだというのが今のところの店の課題でもあると思っています。

 

まとめ

しばらく、バイトの日報がわりにブログ記事を書いていこうと思います。