自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

若いうちは自分に投資するといい。時間とお金を、学習や体験に使う。

時間の使い方 思考法

 f:id:yuraku2993:20170324182357p:image

 

若いうちは自分に投資すること

時間の使い方、お金の使い方についてはよく考えると、自分の人生を大きく変えることになります。

 

人生は生まれた瞬間に死ぬまで生きることになっていて、壮大な暇つぶしでしかないわけなのですが、その長期的なスパンの中で、どう生きていきたいかを描くことによって、自分が望むストーリーを歩むことができるのか、周りに流されて他人に振り回される一生を送るのか変わります。

 

20代〜30代、40代〜50代、60代〜70代と分けて考えるべきです。

 

今後は医療の発達やテクノロジーの進歩で100歳以上生きる可能性が大いにあるので、「今が楽しければいい」だけの戦略では足元をすくわれることになりかねません。

 

計画的にスキル、知識を身につけていくことが重要なステップになるでしょう。

 

 若いうちは、というのは「今」のことです。

20代〜30代と書きましたので、40代の人間は若くないのかというとそうではなく、すべての人にとっては、「今」が一番若いわけです。

 

今から、死ぬまで、どう時間やお金を使えば、後悔しない人生を歩むことができるのかを考える必要があります。

 

知識やスキルというのは、すぐに身につくものではなく、半年や1年後に身についているというような、投資的なものです。

 

なので、本を読む、仕事をする、体験してみるというのは、早いうちにやればその分、回収も早くなります。

 

知識や経験があることで、多角的な視点で物事を捉えることができますし、新しいアイディアが浮かんだりもします。

 

点で獲得した知識スキルが、有機的に結びつく瞬間が必ず訪れるからです。

 

今の自分に悩んでいる、未来が不安だ。という人は、時間かお金を大きく使って、勉強したり、体験したりしてみると良いでしょう。