自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

1日10時間ぶっ通しで皿洗いをやっているが、皿洗いバイトはきついのか。

スキルアップ 飲食業 バイト 皿洗い

こんにちは、飲食店のホールでバイトに入ったものの、シフト100%が皿洗いをしているユーゴーです。

 

皿洗いのバイトってどうなの?きついの?って、気になるところですよね。

 

私は27歳で皿洗いをしていますが、実際、高校生や大学生の人が皿洗いのバイトを検討しているのではないかと思います。

 

単純労働なので、誰でもできる仕事ではあるのですが、その実際はどうなのか、レポートします。

 

f:id:yuraku2993:20170329223154j:image

 

 

腰が痛くなるのか問題

皿洗いをずっとする場合、一番のネックは腰が痛くなるということです。

腰なのにネック。(笑)

 

まあ、おいておいて、初日はけっこうガッツリ腰が痛くなりました。

 

私は身長175センチ、股下77センチなのですが、それに対してシンクの高さがおそらく90センチ程度。測ったことはないですが、食器を置いた時は70センチほどの高さになります。

 

前かがみも前かがみです。

腰から思いっきり前につんのめって食器を運んだり洗ったりしていたので、腰にも背中にも足にもお尻にも負担がかかります。

 

初日の10時間は鬼のように感じました。これが畜生道でいう皿洗い地獄かと思いました。

 

これはヤバイ。続けられないかもしれない。

そう思って、友人に相談すると、2つ解決策があると。

 

1つは、お相撲さんがシコを踏むように、ガニ股になって姿勢を低くして洗うこと。太ももが若干きつくなるけど、腰はラク。

 

もう一つは慣れ。

人は慣れる生き物だから、すぐ慣れる。

 

オッケーです。

 

次のシフトから、ガニ股洗浄法を試しました。

 

おや?そんなに腰が痛くならない。

 

やはり前かがみになるのが腰に良くないよう。

 

そして1日終わった後、体のどこも痛くない。

 

慣れた

 

結論:20時間やれば慣れます。

痛いのは最初だけだから、痛いのは最初だけ。

 

自分にとって一番いい立ち方や、距離感を掴みましょう。

 

手が荒れる

水仕事と言えば当たり前の問題、手荒れ。

 

まあこれは仕方ないでしょう。

ハンドクリームで保湿しつつ、あかぎれになったら水絆創膏を塗るしかありません。

 

私はニベアを使っています。

 

以前は缶のタイプのものを愛用していましたが、持ち運びには不向きで、チューブタイプを買うようにしました。

 

高級クリームと同じ成分だと話題になったこともありましたが、保湿力は抜群です。

余計にヌルヌルするということもなければ、変な匂いもしません。

余ったクリームは顔にも塗ればいいです。

 

朝起きてから、仕事前、仕事後、お風呂後、寝る前で、5回くらい塗っています。

 

しかし、何をしていても、手は大変です。

農作業をすれば、思い肥料や機械をいじってボロボロの肉厚になりますし、事務作業をしていると、紙に油分をとられて人さし指の指紋がなくなってきます。

 

手が荒れることを気にしていてはなんの仕事もできませんし、なんにしても保湿はすべきということです。

 

 

 

体力が必要なのか

体力が必要なんですか?という問題です。

 

これは、人によって違うので一概には言えないです。

 

私はアスリートや強度の運動を頻繁にしている方や、土木作業の方々に比べて運動的な体力のある方ではない人間ですが、1日10時間皿洗いをしています。

 

もちろん立ちっぱなしですし、最初は体全体が痛くなりました。

 

でも、百貨店で売り場の仕事をした時も立ちっぱなしでしたし、農作業も畑をズカズカと歩き回ります。

工場作業も立ちっぱなし、歩き回りっぱなしでした。イベントスタッフもそうです。

ウェブマーケティングの仕事をした時は座りっぱなしでしたが、眼精疲労で目も肩も背中も痛くなりました。

 

なんの仕事も、ラクなことはないというのが実際です。

 

自分はどのつらさなら我慢できるのか、耐えられるのか、得意なのか。

 

自分と相談してみましょう。

 

まとめ

腰は慣れれば痛くないし、手荒れはしかたないし、どんな仕事でも疲れます。

 

そのうえで、皿を洗っているだけで時給1000円もらえるのは、ラクだなあと思いましたね。

 

企画を考えたり、集客したり、セールスしたりして自分で稼ぐ(慣れれば難しいことではないですが)ことに比べれば、お皿を頑張って洗っているだけでお金をもらえるわけですから。

 

もちろん皿洗いは大事な仕事であり、皿洗いがいなければ飲食業は成り立ちません。

 

ホールも偉いし、調理場も偉いし、皿洗いも偉い。そういう、対等な存在であるという自負心を持って皿洗いをやってみてほしいと思います。