自由なシナリオで生きる

MENU

スキルを得る仕事、満足感を得る仕事、お金を稼ぐ仕事、種蒔き。4つの仕事の仕方でキャリア形成をする自由な働き方。

フリーランス時代の働き方

こんにちは、フジタ狛犬です。

終身雇用制度が崩壊し、人材の流動が激しくなっていることはもはや周知の事実であり、新卒大学生には一生勤めたい企業と言って早めの就活を促し、キャリア3年目の若手サラリーマンには「とりあえず3年が終わりましたよ?」と言って転職を煽るリクルート


これからの時代は、個人の主観的な幸福のために、キャリアを自分で描き、社会の波を渡っていかなければならないということは明白です。

スキルを得る仕事、満足感を得る仕事、お金を稼ぐ仕事、種蒔き。

給料が高いとか、働きがいがあるとか他者の価値観で自分の仕事を選んでしまっては、大切な20代、もしくは30代のキャリアを棒に振ることにさえなりかねない。


大事なのは、何をしたいと思っていて、自分が何が得意で、何ができないのか、何をすべきなのか、自問自答しながらキャリアを形成していくことだと思うわけです。


私は今、いくつかの仕事や趣味を同時並行していますが、4つのカテゴリに分けています。スキルを得る仕事満足感を得る仕事お金を稼ぐ仕事種播き

スキルを得る仕事

スキルを得る仕事としては、私は今は銀座のあるレストランでバイトをしています。
そのレストランでは、ホールをしていますが接客、会計、料理の仕込み、皿洗いなど、肉体労働かつ、サービス業です。


今後の未来、ヒューマンタッチの仕事が価値を持って来ます。


ロボットがどれだけ感情を理解し、最適解を導き出して人間のサポートをしたとしても、人は人のサービスを心地よく感じるものです。


板前さんが粋な会話を楽しみながら握った寿司や、鉄板焼き屋さんで目の前で美しく焼いてくれた肉が美味しいのは、そこに人の愛情が介在しているからです。


スシローやかっぱ寿司のような回転寿司でも、寿司は寿司であり、クオリティも上がって来ていますが、ベルトコンベアを流れて来た寿司はどこか味気ないものがあります。


家族で食べる際には家族コミュニケーションが主ですから回転寿司でも十分ですが、1人で楽しみたい、恋人と楽しみたい時には寿司屋を選びたくなるのは、粋な計らいや美しいサービスに価値があると感じるからです。


そして、飲食店では当然ですが料理を出します。

未来、食料事情は変化していくことが予想されます。
養殖の魚や、ハウス栽培の野菜。化学調味料での味付け。
そのような時代に「本当の美味しさ」を知っていることは価値になります。

そして、その「本当の美味しさ」は食べるだけではなく、生産の現場や、調理の現場、サービスを含めてトータルで見ることで養われます。


しかし、飲食サービス業はほとんどブラックです。
和民や吉野家ブラック企業だと騒がれたことも久しいですが、大きく取り上げられないだけでどこも、労働環境は整っていないですし、マニュアルの整備も、ITでの効率化も追いついていません。


とはいえ、広告業界電通の残業問題があったり、IT業界も寝袋で連泊という話は珍しくありません。


どこの業界でも自分の体、精神力と引き換えに得られるスキルはあります。

未来の自分のキャリアに必要なスキルを得るために、ステップとしての業界、職場を選ぶことを勧めています。




満足感を得る仕事

満足感を得る仕事は、お金やスキルよりも充実につながる仕事です。
NPOで活動することや、ボランティアでもいいでしょう。

心の安らぎや、貢献の実感を得られる仕事をすることは、人生のキャリアを長期的に見た時に必要なことです。

私はイベント業と定期的なリゾートバイトをしています。
うぇい系のイベントではなく、少しニッチなコミュニティの、イベント企画や集客、イベント運営をしています。大きなお金にはなっていませんがお小遣い程度を稼いでいます。

リゾートバイトでは、温泉に毎日入ることができますし、バイキングも食べられるので、いつも旅行の気分で癒されています。




お金を稼ぐ仕事

お金を稼ぐ仕事は、生活費のための仕事であり、家賃+食費+娯楽費を計算して、十分なレベルを保ちます

私の場合、定期的なリゾートバイトと、スキルを得るための飲食店バイトをここに当てはめています。

時給や日給労働で、必要な分働くことができます。

お金を稼ぐためには、自分が得意なことや、ラクができる仕事を選ぶこともオススメしています。

種蒔き

種蒔きです。
今のところは、イベント事業の展開や、物販のためのプロジェクトを進めたり、このブログも種蒔きの一部です。

趣味レベルでいくつか逃げ道を作っておいてもいいですし、趣味の延長で自分の知識やスキルを活かして新しいチャレンジをするのもオススメです。

ココナラで占いやデザインのスキルを簡単に売ることもできますし、メルカリで転売スキルを磨いてもいいと思います。




いつ、何が仕事につながるかは分かりませんし、逆になにが仕事にならなくなるかも分かりません。

将来の収穫のために、常に色々なことに手を伸ばしておくと、意外なところで役立つかもしれません。

究極の目標を持つ

4つの仕事の仕方をバラバラにやっても、良いかもしれませんが、全てを結びつける究極の目標があれば、パワフルな成果を発揮することができます。

GRITは、成功するための参考書として何度も紹介したい本ですが、その中に

「やり抜く力」というのは、1つの重要な目標に向かって、長年の努力を続けることだ。

とあり、

「やり抜く力」が非常に強い人の場合、中位と下位の目標のほとんどは、何らかの形で最上位の目標と関連している。
それとは逆に、各目標がバラバラで関連性が低い場合は「やり抜く力」が低いとされる。

と、続けられています。

この図のように、目標をピラミッド型に並べ、自分の行動の全てを貫くような哲学を最上位の目標として持ち、それに向かって時間を使っていくことが、成功にとって非常に重要なのです。


この、究極の目標が見つからない、分からないという人は、GRITで紹介されている「ウォーレンバフェットの目標達成法」を参考にしてみてください。

ウォーレンバフェットは、世界一の投資家として有名ですが、なぜ成功しているのかがよく分かります。

まとめ

スキルを得る仕事満足感を得る仕事お金を稼ぐ仕事種播きの4つの仕事の仕方で自分のキャリアを築いていくための参考になれば幸いです。