自由なシナリオで生きる

MENU

リーダーが学ぶべき指示出しの技術

リーダーになる人間は、指示出しの技術を鍛えるべきですね。

 

指示出しなんてだれでもできることだと思いがちですが、5W1Hを適度に具体的にして指示を出せる人は多くない。

 

現場作業で言えば、

ここからここまでの壁を

この白いペンキで

17時までに

塗ってください。

ペンキが飛び散るので下には養生シートを敷いて、手が汚れないようにゴム手袋をして、ムラが出ないように重ね塗りするようにお願いします。

道具はここに置いてあって、分からないことがあればこの人に聞いてください。

 

という話ですね。

 

指示がどれだけ分かりやすいかで、その後の効率が変わります。

 

この壁これで白く塗っておいてね〜

という指示で十分だと思う人が多いなあと見てて思うんです。

 

「学校じゃないんだから1から10まで教えてくれると思うなよ」と言うかもしれませんが、仕事というのは、最終成果に責任を持つべきであって、指示出しには指示出しの責任があり、現場には現場の責任がある。

 

そこを履き違えると、うまく回らなくなるということです。