自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

焦ったり、叱られたり、怒鳴られたり、ミスに気がついたりした時するべきは、まず落ち着くこと。呼吸や瞑想、マインドフルネス。

日頃、仕事をしていて、怒られたり叱られたり、ミスをしてしまったり、気持ちが焦ってしまった時、それを解決する方法を覚えておくのは、かなり役に立ちます。

 

気持ちがアワアワしている時は、たいていの物事が裏目に出てしまうものです。

 

 

 

気持ちが氾濫しそうになったら呼吸を100まで数える

 

私は、気持ちが氾濫しそうな時、目を閉じて呼吸を数えるようにしています。

頭に思い浮かんでくることは全て無視して、ただひたすら呼吸に集中する。

 

自分のだめなところや、怒った相手の顔、未来の悪い想像など色々と頭に思い浮かんでくることがあるけれど、それは一旦全て見ないようにして、呼吸を数える。

 

100まで数えられた頃にはスッキリしています

 

焦ったり、叱られたり、怒鳴られたり、ミスに気がついたりした時はまず落ち着くこと

焦ったり困ったりしているときは、そのまま何か解決に向かおうと行動してみても、裏目に出ることが多いです。

なぜなら思考が上滑りして、本質的な問題を見失ってしまうからです。

 

まず落ち着くことが第一です。

 

いちど落ち着くことによって、その後の行動がよい結果をもたらします。

 

 

瞑想、マインドフルネスとして学んでみるのもオススメ

 

まぁ、いわゆる瞑想やマインドフルネスといったものなのですが、難しく考えずに、焦った時には目を閉じて呼吸に集中するとだけ覚えていても役に立ちます。

 

もっと大系的に、深く理解したい場合は本を読むのがオススメです。

 

 

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

 
~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 
世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
 

 

 

100まで数え終わるのに10分程度

 

鼻から息を吸って口から細く吐き出す。ゆっくりできるだけゆっくり、自分の心臓の音や、筋肉の緊張に気づきながら呼吸し、100を数え終える頃には大体10分程度が過ぎています。

 

たった10分で、自分の気持ちをリフレッシュすることができれば、後の問題は解決したも同然です。