自由なシナリオで生きる

MENU

指示出しができる人間になれば自然と立場が上がる。

信頼が欲しいなら雑務を引き受けよう。

上の立場に早くなりたいなら、細々とした仕事をすべて自分がやる勢いで、人に頼まれるのがいい。

すべてを全速力でこなしながら「この作業を自分が人に指示するならどう伝えるか」を考える。

上の立場の人間は細かい作業もふくめて、下の立場の人間に指示を出す必要がある。
指示を出さなければならないのに、自分がやり方を分かっていなければ指示は伝わらない。

できれば効率のいい方法も分かっていたほうがいい。

また、「あの人に頼めばなんでも解決してくれる」と思われれば自然と人が集まり、頼られるようになり、立場が上がる。

いつまでもうだつの上がらない人は、仕事をやりたがらない。
コピーを取ったり、掃除をしたり、展示物の取替えをしたり、そういう仕事を人に言われて嫌々やる。
嫌々やると覚えられない。
覚えられなければ、指示出しもできない。

指示出しができなければリーダーにはなれない。

なりたくないと言うならそれでいい。

30超えたマネージャーが人に褒めてもらおうとするなよ

今、とある会社で現場スタッフとして働いてるんですが、ひどい現状だなという話ですよ。

36歳くらいのマネージャーがいて、仮に松城さんと呼ぶけれど、仕事が有能かどうかは置いておいて、精神が幼い。

自分が頑張っているということを誰かに褒めてもらいたくて仕方ない振る舞いが顕著である。
「はー忙しい忙しい。ふう〜」というような態度で走り回り、新しくなにか仕事をお願いすればオーバーに「また仕事が増えた!」と言う。

みんな頑張っている。松城さんには松城さんの役割があり、他の人には他の人の役割がある。

そして、あなたの役割は、下を育てることだ。
褒めて欲しがっている場合ではない。
下を褒めなくてはいけない。
自分が頑張るのは当然として周りを助け、フォローをしていかなければならない。

当然、そんなマネージャーが指示を出すので、他人の仕事を認めると言う文化がなく、みんなが忙しさをアピールし、誰も褒めてくれないがために、新人をストレスのはけ口にする。
新人は辞める。


まあ、当たり前ですけど、大人は褒めてもらえないよ。
やることやって当然なんですよ。
あなたの努力は報酬で埋め合わせされてるんですよ。

この話を読んで、すこし心当たりがある人に2つの提案がある

1つは、自分で自分を褒められるようになりましょう。
人に褒めてもらおうとしないで、自分の頑張りは自分で認めてあげよう。
頑張ったね、よくやってるね。紙に書き出すでもいいし、声に出すでもいいから、セルフコントロールしましょう。
この時なるべく、散財や甘いものでコントロールしないように。変な癖がつきます。お金が足りなくなります。体調を崩します。

もう1つは、他人を褒めましょう。
欲しいなら、まず与えなさい。
人を認め、人に感謝し、人を愛するということを、先にすれば、返ってくるものだから。
すぐには返ってこないけれど、いつか報われる。

運動するから疲れる、のではなく、ふだん運動しないから疲れる

これは最近発見したのですが、「運動するから疲れる」のではなく「ふだん運動しないから疲れる」のだということです。

資格勉強をしている友人がいて、彼は「運動すると疲れて勉強ができなくなるから運動はしない」と言って、引きこもって勉強をしていました。

昔は少林寺拳法をやったり、野球部だったりで体力にも自信がある男だったのですが、ついに3年間(試験には合格しなかった)引きこもりを続けた結果、筋肉は落ち、少し散歩しただけでも息切れ、頭痛が起こり、貧血を起こしてしまうようになりました。

ランニングでなくとも、散歩くらい
機材トレーニングでなくとも自重トレくらい
1hでなくとも10分くらい

軽負荷でも継続的に運動を続けることは、生活レベルの筋肉や体力を維持するためにも必要なので、やるべきです。

現に、自分は筋トレをするようになってから体力がつき、疲れにくくなっています。

筋肉に集中している間は余計なことを考えなくてすむため、集中とリラックスの効果もありますし、達成感もあり、心身の健康にプラスの影響を及ぼしていることは間違いないですね。

ブランドネクタイに興味を持てない人

ブランド物に興味を持てない問題について思うこと。

このツイート、見ましたか?
話題になってますね。



単純な話としては
・見る人が見れば分かる
・100均のネクタイなんか使い捨てみたいなもん
・いい歳して安物を使ってるなんて
とか言う批判のリプライが多かったんですけど、これって、そう言う問題じゃないよなあ。

まず、
1.社会人なんだから、いいものを身に付けないといけないという言葉
2.1を言った人は100円のネクタイと3000円のネクタイを見分けることができない
3.結論が「だからブランドに興味が持てない」でまとまっている。
の3つの要素に分けて考えたい。

1.社会人なんだから、いいものを身に付けないといけない

これは、完全な個人の自由である。
身だしなみとして関わる人に不快を与えなければok。
その上で「社会人なんだからいいものを身に付けないといけないよ」と言って、ネクタイをプレゼントするとかなら分かる。

適当な価値観で社会人のあり方を定義づけて押し付けることは社会人のやることなのだろうか?と疑問に思う。

そして、良いものとはなんなのか。
値段の話なら、いくらからが良いものになるのか。3000円は良いものなのか。
素材の話ならシルクは良くて、ポリエステルはダメなのか
ブランドの話なら、アルマーニのアウトレットなら良くて、ユニクロの新品はダメなのか。

2に続く

2.1を言った人は100円のネクタイと3000円のネクタイを見分けることができない

結局、このおそらく上司は、100円のネクタイすら、3000円だったと言えば「良いものだ」と褒める審美眼を持っている人だったわけだ。

ここで難しいのは
「100円のネクタイなんか、一発で100円って分かるだろ」という意見があることだ。
正直、ここ最近の100均もクオリティがアップしているので、できのいいものは100円で買えるレベルではない。
だから「3000円だった」という情報を与えられれば「3000円かもな」と思ってしまう可能性は大いにある。

さらに、
「上司はこの投稿者に言うことを聞かせたかった」という可能性がある。
値段とかブランドとかぶっちゃけどうでも良くて、自分が言ったことを守って忠誠心を見せろということ。
そして、「3000円だった」ということで、俺のいうことを聞いたんだな。よしよしという満足感を得た。

3.結論が「だからブランドに興味が持てない」でまとまっている。

この成り行き上、この結論に至るのは仕方ない。よく分かる。
世の中の人は見る目も持ってないくせにブランドとか良いものとか言いたがる。
そういうことだ。

ただ、こういう結論になって、いろんな可能性を潰してしまうのはとても悲しいことだ。

私はブランド品や良いものを見る目というのは、一つの共通言語のようなものだと思っている。
それを持っている人からしたらすぐに分かるし、それは話題のきっかけになり、仲間になることができる。

中国語を覚えていないと中国人と話せないように、英語を覚えていないと英語圏の人と話せないように、ブランド物を持っていないと、そのブランドの話はできないのだ。

値段が高いとか、高級ブランドとか、良い素材とか、そういうのは、それらを普段意識している人からしたらすぐに分かる。
それらを意識している人はどんな人だろうか。
身だしなみや装飾品にお金をかけることができる、余裕のある人だろう。

アニメを見て、アニメの話をするのも良い。
ブランド品を買って、ブランド品の話をするのも良い。

自分がどういう人とコミュニケーションを取りたいかというところである。

腹筋ローラー初日の感想。

フジタ狛犬です。

腹筋ローラーを買いました。

初日なんですが、ひざ立ちで30回やったところ、前腕、腹筋、上腕三頭筋に即効で効きました。

腕立て伏せや腹筋よりも断然負荷が高いですね。

膝立ちしない状態でできるのが理想なんですが、普段使わない筋肉を使うのと、慣れてないので、腰が壊れそうになるので気をつけないといけません。