自由なシナリオで生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスで生きる

自己選択的人生

MENU

脳のすべての疲れやストレスは、過去や未来から生まれる。マインドフルネスで脳を休める。

瞑想

マインドフルネスはやっていますか?

継続することで効果が出ますが、マインドフルネスの休息以外の効果と、脳の疲れの原因について、『世界のエリートがやっている最高の休息法』から、説明します。

 

f:id:yuraku2993:20170305004745j:image

 

 

マインドフルネスの効果

 

『世界のエリートがやっている最高の休息法』によると、マインドフルネスの効果は、脳の休息に役立つだけではなく、他にも期待できそうな効果がある。

 

・集中力の向上

一つのことに意識を向け続けられる

・感情調整力の向上

ストレスなどの刺激に感情的な反応をしなくなる

・自己認識の変化

自己へのとらわれが減少。セルフコントロール力向上。

・免疫機能の改善

ウイルス感染などに対する耐性

 

 

脳のすべての疲れやストレスは、過去や未来から生まれる

 

脳のすべての疲れやストレスは、過去や未来から生まれるのです。

すでに終わったことを気に病んでいたり、これから起こることを不安に思っていたり。

 

「あの人のこと、やっぱり怒らせちゃったかな」とか

「あの時、あんなこと言わなければよかった」とか

「来週の試合、緊張する」とか。

 

心が"今ここ"にない状態が慢性化すると心が疲弊してしまうので、呼吸や体の感覚に集中することで"今ここ"に心を取り戻すことが大切です。

 

これは、禅の考え方とも同じですね。「即今、当処、自己」を生きることで、悩みがなくなる。

 

マインドフルネスの7つのメソッド

 こちらをご参考ください

 

yuraku2993.hatenablog.com